日本珈琲貿易株式会社
HOME一覧に戻る

パンポヒラ (Pampojila Farm)

パンポヒラ

生産国 グアテマラ
農園主 Agropecuaria Atitlan社
生産地域 San Lucas Toliman市
品種 Caturra 100%
生産高度 1,500m
精製方法 washed
栽培面積 175ha
カップ評価 レモン・ビターチョコ、ブラックベリー、ブラウンシュガー etc

〜肥沃な土壌より生産される高品質なコーヒーを是非ご賞味ください〜

Pampojila農園はグアテマラ西部の高原地帯のソロラ県のSan Lucas Toliman市に位置します。
この農場の歴史は古く、1900年初頭からコーヒーの生産を行っており、1939年に行われた欧州品評会においては優勝をはたしております。
ところが、2010年の火山の噴火に伴い農園は甚大な被害を出してしまいました。そんな時かねてからこのコーヒー農園の質の高い土壌に注目していたAgropecuaria Atitlan社によって買収され、農園再生のプログラムが実行されました。大量の岩を取り除き、植え替え作業を行うなど苦労はありましたが、3年の月日を経て、農園は完全に復活しました。
この農園は火山地帯の恵まれた土壌を有し、面積の4割に灌漑設備があり、なおかつ斜面の形状やシェードツリーの数が畝ごとに違っているので畝ごとに違った環境を造り出しておりMicro Lotに対応しています。
RA認証も取得し、現在も古い樹の植え替えを続けており今後もバラエティーに富んだ豆を増産していく農園です。

パンポヒラ パンポヒラ
お問い合わせサイトマップ