日本珈琲貿易株式会社
HOME一覧に戻る

レッドマウンテン (Red Mountain)

生産国 ケニア
生産地域 ケニア山地域 ニエリ, キリニャガ ,エンブ
品種 SL28, SL34, Ruiru11, Batian
生産高度 1,600m〜2,000m
精製方法 ウォッシュド・天日乾燥
収穫時期 10月〜12月
カップ評価 Raspberry, Nut, Caramel.

レッドマウンテン

赤い大地の恵み

ケニア最高峰、アフリカで2番目の標高(5,199m)を誇るケニア山。“レッドマウンテン”は、その近郊にあり、古くからコーヒー栽培が盛んなニエリ地区やキリニャガ地区の農園から生まれます。
レッドマウンテン”の名の由来は、この土地に広がる土壌、“キクユ”にあります。“キクユ”は肥沃な赤色の火山性土壌として有名で、この土地で取れるコーヒーはその赤い大地の恵みをいっぱいにその実に詰め込んでいます。
精選工程では、完熟した実だけをハンドピックし、収穫された当日にケニア山の丘のウェットミルに搬送。加えて、パルピング前に選別を行い、完熟果実以外はここで取り除かれます。また、ケニア山地域は水資源に恵まれており、水洗には周囲を流れるきれいな川の水を使用しています。そしてより完璧な乾燥状態を得る為、アフリカンベッドにて最低でも2週間天日乾燥され、サイズ、比重選別を経て袋詰めされます。
そうして完成された極上の一品は、ベリーを想わせるフレーバー、そして柑橘系のきれいな酸にシルキーなボディが特徴のコーヒーです。

レッドマウンテン

お問い合わせサイトマップ