日本珈琲貿易株式会社
HOME一覧に戻る

マタリ アルソワイド (Mattari Also Waid)

マタリ アルソワイド


マタリ アルソワイド

生産国 イエメン
生産地区 サナア近郊、ハラズ、ハイマ、バニマタール地方
品種 Burra`ai, Tufahi,Dawairi,Udaini
生産高度 1,450m〜1,850m
精製方法 手摘み・天日乾燥
収穫時期 10月〜12月
カップ評価 Wine, Dark chocolate, Aroma, Creamy

イエメン(正式名称;イエメン共和国)は、アラビア半島の南西部に位置し、ほとんどが砂漠のアラビア半島には珍しい山岳地帯が国の西部を南北に連なっています。この山岳地帯で上昇気流がおこり、雨季には貴重な雨となって、その昔“幸福のアラビア(Arabia Felix)”と呼ばれた高原の高地を潤します。

伝統的なナチュラル(非水洗)製法が用いられ、10月〜12月にかけて手摘み収穫が行われます。一粒一粒ていねいに、3〜4回程度に分けて完熟果実のみを摘みとるため、過熟果実は殆ど混在しません。

収穫後は、家の屋根で天日乾燥を1週間程度行いますが、キシル(Kshir)*(1)を飲料として流用するため、他のナチュラルコーヒーの生産地より高い水分量までしか乾燥させません。

*(1)イエメンではキシル(乾燥させたコーヒーチェリーの殻)を飲用するため、キシルの品質保全のため、コーヒーは高めの水分量で保管されます。キシルの需要に応じて脱穀され、コーヒーとして取引されます。

〜“Mattari Also Waid”クリーミーでコクのあるアロマを是非ご賞味ください〜


マタリ アルソワイド

お問い合わせサイトマップ